薬剤師の給料Union秀光

薬剤師の収入アップの秘訣

第一類医薬品の販売と薬剤師によるサポートについて

街の薬局で一般の方向けに販売されている薬については、「一般の人が簡単に購入できるものなのだから、効果もそれほど高くない代わりに安心して使えるのだろう」という認識を持っている人が多くいます。その認識はある意味正しいとも言えますが、反面そうした側面だけではないということも言えます。

つまり、一般販売されている医薬品についてもさまざまなものがあるということ。

市販されている医薬品については、OTC医薬品ともいわれます。そしてOTC医薬品は、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品と3種類に分かれます。この分類は、含まれる成分の副作用や相互作用、使用方法などを、リスクの程度に応じて分類したものです。

このうち第1類医薬品は、効果が高く、服用に注意が必要な成分を含んでおり、薬剤師にのみ販売が許可されています。この中には医療用医薬品から市販薬に転用されたいわゆるスイッチOTCなども含まれます。つい最近まで処方薬として扱われていたのですから当然ながら効果も高いものです。お客様が購入する場合には、必ず薬剤師による効果、副作用、使用上の注意などの説明が必要となります。

第1類医薬品は薬剤師がいる時間でしか購入できない、、、という不満があるのは事実で、この先医薬品の販売制度がどのように変わっていくかは予測がつきにくい部分はあります。ただいえるのは、現状は、第1類医薬品については、薬剤師が責任をもって販売をしなければならないということです。

ドラッグストアなどでも鍵のかかったケースや、一般のお客様の手に届かないところに置かれて簡単に手にとって購入することが出来ないようになっています。
第1類医薬品を置いているドラッグストアでも、薬剤師の人員不足で「現在販売できません」といった貼り紙を見かけることがあります。

第1類医薬品を求めて、ドラッグストアをはしごするお客様もいらっしゃいます。
お客様から第1類医薬品を求められた場合は、使用経験を確認し、薬剤師から、副作用やリスクなどを伝え、しっかりと問診をして販売しましょう。

こうしたことは薬剤師の給料を上げるためにも欠かせないことであるのは言うまでもありません。こうしたサイトも参考にするとよいでしょう⇒薬剤師求人 名古屋

(C) 薬剤師の給料Union秀光 | SEO対策